読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本が治安が良いってのは、幻想なのか。「性差別を無くせば(減らせば)性犯罪が無くなる(減る)」というのは「大風吹けば桶屋が儲かる」という話なのか。

タイトルの前半は、こないだのエントリトラックバックを飛ばした大野先生のブログのエントリ読んで思ったこと。
届け出のあった被害がだいたい1万件で、未届けの被害も合わせた被害がその7倍くらいとすると7万件くらい。その計算が実態とそんなに違わないなら、日本はそんなに言われてるほど安全でもないのかな、という印象を持ってしまう。
実際には諸外国との比較とかもしないといけないだろうし、日本よりも遥かに性犯罪被害を訴えにくい国というのもあるかもしれない。あんまりいい加減なことを言っちゃいけないから、これについては話半分に受け取ってくださいね。


ただ、少なくとも被害者が訴え出るのをためらわせるような空気があるのは間違いないだろう。
前のエントリで、『ひとつ屋根の下』ってドラマで、レイプ被害に遭った妹(の尊厳)を守るために兄が加害者側から提示された示談を断る話を紹介したけれど、あの話の中で肝心の被害に遭った妹の意思がどういうものだったかというのは、今ひとつ記憶に薄い。たぶん、被害に遭ってからは終始無言で通していたんじゃないだろうか。だから、あの話の中で、事件に対する対応を巡って兄弟たちがいろいろ反発し合っていたことが、本人の気持ちをないがしろにしていた可能性は否定できない。都合よく解釈すれば、一番上の兄だけが押し黙る妹の意思を酌んだのだ、と言えない事もないが、というか、ドラマとしてはそういうふうに解釈できるように誘導していたと思う。たぶん。
だからといって、こういうことが全てのケースに適用できるわけもない。ドラマはあくまでフィクションでしかないし、現実はフィクションではない。現実の抑圧は、抑圧する空気は、そりゃ酷いもんだ。
最近のid:Francesco3さんの日記に対する一部の反応を見ていると、この空気は「空気」と言っても、かなり強力な壁でもあるのが分かる。
まぁ、大半の揶揄とか嘲笑とか中傷とか罵倒の類は、まず元の文章を読めていないだけだろという気もするし、それに対するカウンターをFrancesco3さんも他の人もやっているし、俺が下手なことを書かない方がいいかなとも思うので、ここではあんまり書かない。世間にはレトリックとか比喩とか文脈を読まない(読めない)人が、薄々感づいてはいたけれど、結構多いんだな、とあらためて認識した、とは言ってもいいかな。
いや、交通事故の例えとか酷いと思うけれど、仮に歩行者の不注意が原因でも、人対自動車の事故なら10割で自動車が悪いってことになるのが現実だよ、というのも言っていいか。つまり、例え話にすること自体どうかとも思うけれど、例えそのものもおかしいよ、と。登山の例えとかアホか、と。


不思議なのは俺なんかより遥かに頭の良さそうな方々もFrancesco3さんの意図を読み違えているように見えること。これはあれか、「哲学とはミソジニーの別名である」ということなのか。いや、よく分からないけど。すいません、適当なことを言いました。


それで、ぐだぐだと何が言いたいかよく分からない文章を書いているけれど、俺も自分が何を言いたいのか分からなくなってきてる。もやもやしたものが頭の中に霧のようにかかっているんだが、分からないなりに吐き出そうとしてる。
今、目の前にある性犯罪に対してどう対応するべきかということと、その背後にある構造的な性差別の問題をどうするのかということの、2つの論点があるように思うんだけれども、これは切り離して論じられるように感じる人も居るだろうが、俺はあんまりそう思わない。構造的な差別をどうにかしないと、現実の性犯罪にも対応できないと思う。つまり、Francesco3さんがおっしゃることが、「大風吹けば桶屋が儲かる」といった話だとは思えない、ということだ。
ちょっと酷いことを言うと、男女の関係が徐々にフラット化してきた結果、男性が女性に対して優位に立てる数少ない事柄の一つが性(というか性暴力)の問題なのかな、という気もしている。そして、そのことがセカンドレイプを発生させているのではないだろうか。もちろん、セカンドレイプをするのは男性に限った話ではない(現に曾野綾子氏は女性だ)。それがこの問題の深刻さを物語っているのかもしれない。そこを突き詰めて考えると、気が滅入る。
簡単に言うと、被害を届け出られないのはセカンドレイプがあるから。警察で、裁判所で、マスコミで、世間で。あるいは、もっと近しい人たちから。被害が届け出られなければ、実質的に犯罪は取り締まれない。セカンドレイプを生み出すのは、構造的な性差別という土壌だ。だから、迂遠に見える方法だとしても、この土壌を改良していくことを地道にやっていくしかない。それが具体的にどのような方法を採るかは議論の余地があるとしても。*1
逆に、痴漢冤罪(酷い場合にはでっち上げ)みたいなことが起こるのは、「このような性犯罪被害を公にしにくい空気があるにもかかわらず、その空気に屈せず訴え出たのだから、間違いないだろう」という予断が世間にあるからではないか。つまり、ここにも構造的な性差別の問題が隠されている。単なる司法の問題ではないように思う。
さらに、「強い男>弱い女」という図式を内面化している男性ほど、自分が性犯罪の被害に晒された時に、訴え出にくいという側面もあるかもしれない。女性にレイプされたにせよ、男性にレイプされたにせよ、レイプされたと訴えた男性に対するセカンドレイプはちょっと想像を絶するものがありそうだ。この辺は完全に俺の妄想混じりの考えなので、実態とは全然違うかもしれないが。
念のために付け加えておくと、性差別と言うのは「男>女」ということだけではなく、「ヘテロセクシャル>非ヘテロセクシャル」ということでもある。「強い男」を内面化している男性はレイプされることを恐れる。だから、自分をレイプする可能性のある者として「非ヘテロセクシャル男性」を恐れる。そんな恐怖はほとんどの場合杞憂なのだが、そういった恐怖心が差別を生み出している側面はあるだろう*2。前の段落と矛盾するように思う人が居るかもしれないが、そうではないと思う。
男が女をレイプするのは、「強い男」を内面化している男性(あるいは「弱い女」を内面化している女性)にとっては自然なことに感じられる。そして、それが(善意に基づくにせよ悪意に基づくにせよ)セカンドレイプを生み出している。同時に「強い男」を内面化している男性にとっては、自分がレイプされるというのはこの上ない恐怖だ。それは「強い」という称号を剥奪されることだからだ。それが非ヘテロに対する差別の一因にもなっている。だから、両者は同じ問題なのだ、と俺は思う。
もうちょっと書くと、「強い男」とか「弱い女」とかは、実際にその人が社会的に強い(弱い)立ち場であるかどうかとは必ずしも対応しない。要は「強い男>弱い女」という図式をどれだけ内面化しているかという問題だ。この内面化ゆえに苦しんでいる人は多いだろうと思う。いずれにしても、そんな内面化は気付いた時に捨ててしまった方がいい。なかなか難しいかもしれないが。


性差別を無くせば(減らせば)、性犯罪が無くなる(減る)という話では必ずしもない。逆に、短期的には認知件数は増えるだろう。今まで隠されていた部分が露わになるわけだから。
でも、そうなった方が少しはマシなんじゃないだろうか。
少しは、もやもやが整理されたかな…。

追記

ブコメいただきました。↓

masudami ①(1)偏見が無くなり②(2)刑事告訴がやりやすくなって③(3)認知件数が増えれば、④(4)世の中がマシになる、そのもっともらしい飛躍が「桶屋が儲かる」って揶揄されてんのじゃないの?③(3)→④(4)はウソだけど。 2009/12/07

はてなブックマーク - 日本が治安が良いってのは、幻想なのか。「性差別を無くせば(減らせば)性犯罪が無くなる(減る)」というのは「大風吹けば桶屋が儲かる」という話なのか。 - 23mmの銃口から飛び出す弾丸は

セルクマ↓

nijuusannmiri 自分 飛躍?特に飛躍とは思えませんが。②(2)③(3)は同じことの言い換えですし、④(4)はその状態を以前と比較して<マシ>と思うかどうかの主観の問題です。①(1)→②(2)に飛躍があるなら説明して頂けますか?>id:masudami 2009/12/08

はてなブックマーク - 日本が治安が良いってのは、幻想なのか。「性差別を無くせば(減らせば)性犯罪が無くなる(減る)」というのは「大風吹けば桶屋が儲かる」という話なのか。 - 23mmの銃口から飛び出す弾丸は

masudamiさんのブコメは俺が最初に見たときは、「③(3)→④(4)はウソだけど。」という文はありませんでした。「ウソ」というのもよく分かりませんね。
自分のブクマコメントでも書きましたが、「マシ」というのは主観の問題でしょう。「こういう現象が起こるだろう」という分析というか予想というか考察と、それが当たったとして「その状態の方がそうではなかった状態よりはマシなんじゃないだろうか」という価値判断を含んだ感想は、別の問題ではありませんか? 俺の書き方が悪いというならそうかもしれません。しかし、それはこうして一応説明させていただきましたので、それでもなお「飛躍」と言われるなら、そう思われる理由を教えていただけませんか?
俺は、世の中がこういう状態になった方が今よりはマシだろうと思ってそのように書きましたが、もし、masudamiさんがそう思われないのなら、それはなぜか是非知りたいと思います。
また、③(3)→④(4)ではなく、①(1)→②(2)、あるいは②(2)→③(3)に飛躍があるというなら、それをご説明していただけませんか? 上記のように、②(2)と③(3)は同じことの言い換えに過ぎないと俺は考えますが。


あと、これはmasudamiさんのコメントとは直接関係ないことですが、構造的な性差別(偏見でもいいですが)が無くなったらどうなるかなんて、分かりませんよ。だって、俺の知る限り、この種の差別が完全に撤廃された文明社会なんてどこにもありませんから。しかし、考えを突き詰めていけば、そちらの方向へ近付けるように努力するべきなんじゃないかな、と。
正義とか大義とかそんなものの話をしてるつもりはありません。そんな大層な話ではなく、言い出したくても言い出せない被害があるなら、それを掬い上げる方向で考えませんか、ということです。

追記2

今、ブクマを確認したら、

↑明日返事しますね

ということだそうなので、楽しみに待たせていただきます。

追記3

masudamiさんから応答をいただいたので、別エントリを上げました。→『世の中が(俺が主観的に思う)マシな状態になったとき、「弱者にさらに皺寄せが行くのではないか」ということが問われている。 - 23mmの銃口から飛び出す弾丸は
あと、ブコメ

id:terracao 関係ないが、「機種依存文字は使わないでいただきたい!」厨がわきそう。 2009/12/10

はてなブックマーク - 日本が治安が良いってのは、幻想なのか。「性差別を無くせば(減らせば)性犯罪が無くなる(減る)」というのは「大風吹けば桶屋が儲かる」という話なのか。 - 23mmの銃口から飛び出す弾丸は

って、言われたので、①(まる1)の後ろに(1)というのを付けときました。かえって読みづらくなってらごめんなさい。*3

*1:うーん、この辺のことを指して、ポルポトとかファシズムとか言ってる人が居るのだろうか。現在がヘテロ男性優位主義というファシズムに毒されているという発想は無いのだろうか。あと、この話とポルノなどの表現の自由の問題は必ずしも対立しないと俺は思うのだが、どうなんだろう。

*2:恐怖心だけが差別の原因ではないが。

*3:野村さんには「マック使うなよバカと言ってやれ」と言われたけど。野村さんが誰だか分からない人は、分からなくていいです。