読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「僕の意見」が「みんなの意見」に変わるとき、「僕」は抜け落ちてしまう。

意見

タイトルの文章を思いついて、それは具体的にはどういうことなのかと、ぐるぐる考えているのだけれど、上手く説明できる気がしないのです。しないのですが、まぁ、ちょっと書いてみます。


いきなり本題に入りますが、どうも「世論」というものに引っかかっているんです。なんつーか、これってどう考えても変なもんだよな、と。
何が変かって、「世論」を構成しているパーツを細かく見ていくと、結局は「個人の意見」にたどり着くはずなのに、どうも「世論」そのものを捉えようとすると、あったはずの「個人」という主体が見えなくなってしまう、というところ。
何も「世論」なんて大げさなものに限らず、こういう傾向は他の場面でもあるんだろうと思います。どんな傾向かって、つまり、「個人」の意見・見方を集約して、何らかの「集団」*1 の意見として提示されるものは、多かれ少なかれ「主体」を失っている、ということ。
多分、これは本人が自覚しようがしまいが、そういうことには関係なく、そういう構造的な問題がある、ということなんだと思います。どうしてそうなってしまうのか、ということは、ぼんやりとは分かるような気がするのだけれど、きちんとは説明できないですね、僕には。


ともかく、「個人の意見」から「集団の意見」へ飛躍するとき、一人ひとりの個人の顔が見えなくなってしまう、ということが成立するとする。というか、僕にはそのように思えるよ、と。
で、このことは、時々WEB上で話題になる「匿名」と「実名」の問題とか、はてブ同調圧力の問題とか、まぁ、2ちゃんねるの問題とか、そういうものにも関係しているような気がします。
はてブ同調圧力の問題は、はてなブックマークを使うユーザー一人ひとりの考えがどうあれ、総体として(「これはひどい」タグがたくさん付いたりしていると)、ユーザー個人ではなく、はてブ全体が「これはひどい」と言っているように見えてしまう、ということなんだと。そこでは、個々のユーザーがどのような思考回路の末「これはひどい」というタグを付けたのかは、現実問題としてどうでもよくて、ただ、「はてブにdisられた」という漠然とした結果が問題になる、ということ。
2ちゃんねるのことはよく分からないところもありますが、あそこに書き込む個々人が、どのような意図を持って書き込んでいるのかということには関係なく、全体として、あるイメージがどうしてもできてしまう。人によっては、それがネガティブなものに感じられる、と。
「匿名」か「実名」か、の問題は、発言責任云々の話ももちろんあるけれど、それ以外にも、匿名の意見というのは、それだけで「個人」という主体を失っているように見える、ということも大きいのかな、と。それが「名無し」であれ、「通りすがり」であれ、ハンドルネームであれ、集団*2の内部においては、「個人の意見」と捉えられるものが、外側からは「集団の意見」という漠然とした、主体を失ったイメージに変わってしまうのではないか、と。(もう少し言うと、朝日新聞の意見とか、産経新聞の意見なんてのも、基本的には同じことなんだと思います。)
もちろん、23mmなんてかなり記号的なハンドルを使って、こんな文章を書いている僕自身も、高みの見物ができる立場では毛頭ありません。


考えてみると、「世論」というのは、2ちゃんねるが問題にならないほど、匿名的であり、無責任なものです。でも、それはしょうがない。そういうものなんだから。
では、何が問題なのか。
この記事のタイトルに、『「僕の意見」が「みんなの意見」に変わるとき、「僕」は抜け落ちてしまう。』と付けたけれど、この逆、「みんなの意見」が「僕の意見」に変わるとき、「僕」はどこからかやってくるのかというと、そんなことはない、と思うんです。
「みんなの意見」が「僕の意見」に変わるとき、「僕」はやっぱり抜け落ちたまま。』なんだろう、と。
「僕の意見」をはっきりさせるために、「みんなの意見」を参考にするのはいい。でも、主体を失った(見えなくなった)「みんなの意見」を、無批判に受け入れてしまっては、「僕」をどこかに置き去りにしてしまう。「善意」にしろ「憎悪」にしろ、「正義」や「空気」であっても、何かが暴走するときには、「僕」という主体が消えてしまっている、場合が多い、のではないか、と。


あぁ、あれだ。
「みんな」が言ってることは正しい、と思ってる人は、「みんなが持ってるから、あれ買ってー」とおねだりする子どもと同じってこと。その「みんな」って誰だよ。つーか、そもそも「おまえ」は誰なんだよ。って話。

*1:会社でも、町内会でも、学校のクラスでも、仲良しグループでも、もちろんWEB上の何らかのコミュニティ(もしくは擬似コミュニティ)でも、何にでも当てはまると思う。

*2:「群れている意識がなくても、場を共有している者同士)を含めたもの。そう考えると、2ちゃんねるとかはてブも、無理なく「集団」と言えそう。