読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『アメリカン・ギャングスター』をちょっと前に観ましたよ。

Twitterに書いたメモを転載。

ちょい前に見た『アメリカン・ギャングスター』って映画。“Based on a true story.”らしいが、そんな言葉は見た瞬間に忘れるべき。デンゼル・ワシントンラッセル・クロウの共演に、めまいを覚えるほど酔いしれる。

http://twitter.com/nijuusannmiri/statuses/738384412

見終わった後に、『アメリカン・ギャングスター』の真のBGMは、ベトナム戦争だったことに気付く。

http://twitter.com/nijuusannmiri/statuses/738393722

エンド・ロールが流れ始めても、席を立ってはいけない。きちんと最後まで見て、「撃たれろ」。

http://twitter.com/nijuusannmiri/statuses/738396432

アメリカン・ギャングスター』は、タイトルからも想像できるかもしれないが、麻薬のディーラーと、それを追う捜査官のドラマ。デンゼルがディーラー、クロウが捜査官。

http://twitter.com/nijuusannmiri/statuses/739507822

デンゼル・ワシントンは高品質のヘロインを安価に売りさばいて、荒稼ぎして財を築く。ウォール街のビジネスマンでも通るような、スマートに背広を着こなし、当局に目をつけられないように地味に暮らしている。

http://twitter.com/nijuusannmiri/statuses/739522132

ラッセル・クロウは不正・賄賂に手を染める同僚たちに溶け込めない、熱血捜査官。でも、私生活(特に女性関係)が無茶苦茶。干されかけてたところを新設の麻薬取締局にスカウトされる。(ラッセルの部下の一人をRZAが演じている。)

http://twitter.com/nijuusannmiri/statuses/739536342

デンゼルのストーリーと、ラッセルのストーリーが並行して語られながら、物語の後半部でダイナミックにそれが交差する。そこに至るまでの過程で、ベトナム戦争の戦況がラジオやテレビを通して伝えられるのだが、それがまさにこの映画の真のBGMとして機能している。

http://twitter.com/nijuusannmiri/statuses/739559262

映画の中のストーリーと、ベトナム戦争の戦況の変化は、密接に関係している。この戦争がもたらした、アメリカの光と影が、“Based on a true story.”ということを割り引いても、この映画の描き出しているものだ。

http://twitter.com/nijuusannmiri/statuses/739576272

ディスカウントストアに象徴されるような便利で安価なサービスが行き渡り、一見豊かな生活を謳歌しているように見えるその陰で、職を失い居場所を失う人々がいる。アメリカの「繁栄」。そして「没落」。タイトルは『アメリカン・ギャングスター』以外に考えられない。

http://twitter.com/nijuusannmiri/statuses/739596122

ほとんど、付け加えることはないが、デンゼル・ワシントンラッセル・クロウが初めて顔を合わせるシーンが、めちゃくちゃかっこよかった!
サントラも良さげ。「そのうち買うリスト」に追加。

American Gangster

American Gangster

  1. Do You Feel Me - Anthony Hamilton
  2. Why Don't We Do It In The Road? - Lowell Fulson
  3. No Shoes - John Lee Hooker
  4. Across 110th Street - Bobby Womack
  5. Stone Cold - Anthony Hamilton
  6. Hold On I'm Comin' - Sam & Dave
  7. I'll Take You There - The Staple Singers
  8. Can't Truss It - Public Enemy
  9. Checkin' Up On My Baby - Hank Shocklee
  10. Club Jam - Hank Shocklee
  11. Railroad - Hank Shocklee
  12. Nicky Barnes - Hank Shocklee
  13. Hundred Percent Pure - Marc Streitenfeld
  14. Frank Lucas - Marc Streitenfeld

public enemy - can't truss it