読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「敵」って一体なんなのか。

日記

前回のエントリ『ホームレスについてのひとりごと。 - 23mmの銃口から飛び出す弾丸は』のコメント欄より引用。↓

ジャイアン 2008/09/09 23:53
全体としては同意なのですが
>もっと寛容になればいいのに。
と言うの人が
ファシズムまで、あと一歩だ、頑張れ。
などという煽りを入れるのはなぜなのでしょう。
やはり誰かを「敵」にしないと誰かを守ることは
出来ないのだろうかと思ってしまいます。


nijuusannmiri 2008/09/10 08:27
ジャイアンさん
コメントありがとうございます。
なんというか、完璧な人間はいない、ということなんじゃないでしょうか。
たしかに、「煽り」は必要なかったかもしれませんね。というか、先方は自ら「自分はファシストである(ファシストと思われても構わない)」とおっしゃっておられるようなので、煽りにもなっていないのですが。
まー、はっきり「俺はあいつが嫌いだ」と書いた方がよかったかもしれない、と思わないでもないです。
「敵」については、ご指摘を受けてちょっと考えましたが、また改めてエントリを起こすかもしれません。とりあえず、ジェノサイドを支持する「意見」については個人的な感情から「敵」だと思ってますね。そういう意見を持つ人を「敵」とするということとは、少し違いますが。

というわけで、新しいエントリを起こします。
んー、本当は、皮肉というか軽口の一つも言いたくなって、つい書いちゃったくらいのことで、煽ったつもりはあんまりなかったような気がする。「ファシズムまで、あと一歩だ、頑張れ。」って書いたときは。
ただ、読み手が「煽り」だと感じたということは、やっぱり「煽り」になってしまっているんだろうから、若干の反省はした。コメントレスでも書いたように、先方はファシストを自称(またはそういう呼称を甘受)されているようなので、煽りにも皮肉にもなってないんだけれど。


で、本題の「敵」について。
僕は、なるべくなら敵を作りたくない。当たり前だ。
だから、相手の意見ないし言説が気に入らないとしても、その意見・言説と、生身の人間としての書き手をできるだけ区別しようと思っている。その意味においては、前回のエントリも相手の言説に対する「異論」を示しただけで、相手そのものを「敵」として人格攻撃するというようなことは、やっていないはずだ。
やっぱり「俺はあいつが嫌いだ」と書かなくて良かった。(いや、結局コメント欄で書いちゃったんだけど。というか、「嫌い」が人格攻撃になるのかどうかはよく分からない。それに、相手を嫌いだと言っても、「敵」と認識しているとは限らない。)
ただ、ここら辺は自分でも明確な基準があるわけではない。ただ単にdisるのが苦手、ということかもしれない。
そのうえで、id: kajuntk氏の例のエントリ『http://d.hatena.ne.jp/kajuntk/20080902/1220341668』の中のこの文章。↓

40歳以上の独身ホームレスなんていうのはもう這い上がる可能性0なわけだからガス室送りで構わないと思う。

それと20代、30代の無職やらニートは全部強制労働させるべきだ。

義務を払わず権利を貪る連中を絶対的な悪として共通認識をもつことが重要だ。

そしてそうした連中に義務を課すことが必要である。

自分がもうダメであることが分かっているのに、自殺する勇気も持てない人々には安息の他殺が必要だ。

それすら分かっていない社会の蛆虫には制裁の他殺が必要だ。

前後の文脈を無視してここだけ取り上げるのもどうなの、と言われるかもしれないが、前後の文脈を考慮しても、これはちょっとないな、と思う。前回のエントリでも書いたが、「40歳以上の独身ホームレスはガス室送りで構わない」というのは、ジェノサイドをやれ、ということだろう。民族浄化ということだろう。こういう「言説」を僕ははっきりと嫌悪するし、「敵」だと認識する。バカなこと言ってんじゃねーよ、と思う。だからこそ、前回のエントリを書いた。
ただし、実際にはこんなことはやれっこないわけで、これは比喩的表現なのではないか、と考えられないこともない。で、「出来の悪い比喩」ということも書いたし、こんなヘイトスピーチに理解を示す人の存在に憂鬱になる、とも書いた。
「強制労働」にしても、今の日本に強制してまでやらせる仕事があるのかよ、と思う。人手不足の仕事はあるが、そこに強制労働の人が入るってことは、元からその仕事に従事してた人を追い出すことになるんじゃね、とか思う。そして、その20代30代の無職やニートが40代になったら、そして、「這い上がれない」と認定されたらガス室送りにするのか?
結局、実現不可能なことを並べ立てているだけだ。結果として、この文章が意図しているのは、ホームレスやニートに対する差別意識や憎悪を煽ること”だけ”になっているように見える。書き手にそういう意図があるかどうかは知らない、いや、明らかか。
ホームレスやニートを助ける前に、ワーキングプアとか劣悪な状況で働いている勤勉な労働者とか、もっと優先して助けるべき人もいる、みたいなこともkajuntk氏は書いてる (『http://d.hatena.ne.jp/kajuntk/20080907/1220727916』)。彼は「弱者」を分断しようとしているのだろうか?
僕は、こういう意見があってもいいとは思ってる。けれど、ここに決定的に欠けているのは、そういったワーキングプアの人たち(ここに非正規雇用の人の多くは当てはまってしまう)が、いずれホームレスに転落してしまう可能性についての考察だ。僕は、その可能性は小さくないと考えている。だから、前回のエントリでも、「ホームレスの問題はなくならない」と書いた。その可能性は、kajuntk氏の言うようにホームレスを排除・排斥しても、残念ながら消えないだろう。
「違う。ホームレスやニートに回さなくて良くなったリソースを使って、そういった人たちが、新たにホームレスになることを防ぐんだ」と反論されるかもしれない。それはそれで見識かもしれないが、悪いけど、そこからもこぼれる人は絶対に居るよ。そうなったとき、彼はかつて「勤勉な労働者」だった人を「クズ」と呼ぶんだろうか。
kajuntk氏の真意とかは知らないし、わりとどうでもいい、と思ってる。しかし、彼の言説はある意味で魅力的なだけに危険だ。その危険を僕は問題視するし、批判する、というか不快感を表明するし、間違ってると思ったことについても指摘する。


とか、書いてたらidコールされた。→『http://d.hatena.ne.jp/kajuntk/20080910/1221023727
うーむ。一見、反差別主義者に見える言説の中に潜むファシズム的な部分をえぐり出した、みたいな感じか?
ちょっと頭が痛い。当たってる部分はある。あなたがそれを言うか、というのもとても強く思う。が、まあ、それはいい。ともかく、このエントリに付けたブクマコメントを引用して、終わりにしたい。

2008年09月10日 nijuusannmiri OK、あなたの思想や人権は100%許容します。あなたの表現の自由も当然認めます。俺は反差別主義者なので、差別心を煽るヘイトスピーチを見かけたら、普通に批判・反論・非難・罵倒等をします。あなたを差別しません。

はてなブックマーク - 人権派やファシズム否定がキモチ悪い本当の理由 - Automatons Hacking Guide

皮肉を込めたつもりだったけど、皮肉になってないか、これじゃ。><

追記

ブコメに反応いただきました。↓

批判・反論と罵倒・非難は全く違うよね。

罵倒や非難は人格否定でしょ?

理解を求めるだけじゃ無力だからって批判や反論するだけじゃなくて、罵倒や非難まで足を踏み入れちゃう人が多すぎないか?

そう言う人は反差別主義者とは言わないよ。

複数個性許容型差別主義者>って言うんだ。

だって君は多分獣姦とかスカトロ(これは例ね)*2好きな奴が居たらソイツを迫害するでしょ?

いやまあ僕は罵倒されてもいいんだけどさ。

どうせ右耳から左耳だし。

http://d.hatena.ne.jp/kajuntk/20080910/1221023727

うん、失敗した皮肉だし。スター付いちゃったから訂正するのもなんだな、というのもあったけど。罵倒や非難が人格否定なのかどうか、やる人の定義次第かとも思う。受け取る側が人格否定と思ったら、全て人格否定、という考え方もあるけど。
というか、実際のところ、僕は(少なくともこのブログでは)罵倒も非難も基本的にはやらない方針なので、kajuntk氏に対してもしないけどね。
複数個性許容型差別主義者」という造語はちょっと面白いと思った。
あと、嫌いな奴はたくさん居るけど、たぶん、長いこと迫害したことはないな。これからもしないと思う。こどものころはどっちかと言うと迫害される側だったので、逆に迫害する側に回った時の快感は平均より強かったんじゃないかな。でも、その醜悪さに、幸いなことにかなり早い時期に気付いたので、もうしないよ。ただ、「迫害」の意味が、ひょっとして僕とkajuntk氏との間でズレてたりする可能性はある。
僕も罵倒されても構わないよ。あんまり人間が出来てないので、頭にくることはあるだろうけど、なるべく冷静に対応するかスルーするように気を付けてるからさ。