読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人考え

日記

いつになったら、定額給付金ってもらえるんでしょうかね。俺は、もともとこんな政策には反対なんですけど、もうやるなら早くやれよ、って気になってきました。もらったら、たぶん、家族旅行かなんかの軍資金にするか、LED ZEPPELINのボックスセットかなんか買うと思います。国民の鑑ですね。
で、俺は国の財政だの経済のことには素人なんで、素人らしく素人考えで物を言いますけど、経済がこんな状況なんで金をばら撒くのはいいと思うんですよ。でも、定額給付金ばら撒くより、もっと手っ取り早い方法があるんじゃないかと。
「国家予算 内訳」でググってみると、財務省のページがトップに来ます。これ→http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/002.htm
で、このページの下のほうを見ると、「歳入内訳」ってのがあります。注目して欲しいのは、消費税のところ。消費税の税収は、金額としては「10兆円強」ということになっています。
定額給付金は、「2兆円を国民全員に分配します」ということなんですけど、それだったら、消費税を1%下げても同じじゃない? その方が手間がかからないんじゃない? と、素人考えしちゃうわけです。
定額給付金は一人当たり1万2000円で、高齢者とか子供には加算するという話になっていて、夫婦と子供2人の世帯だと、6万4000円にもらえるそうです。けっして、はした金とは言いませんけど、このくらいの金額がまとまってきても、貯金はしないにしても、大きな買い物をしようという気になるかどうか、結構微妙な気がします。
でも、消費税を1%下げたら?
それもまた、ばら撒きには違いないのですが、ばら撒いた金が貯金に回るということは考えにくい。1%の出費を減らそうとする人は居るでしょうけど、何より、消費をしなければ減税効果が得られないわけで、例えば1年間の期間限定の措置だったら、その間に買い物しないと損、ということになるので、消費に与える影響はでかいんじゃないかな、と思うわけです。
例えば、2000万円位の中古マンションを購入しようとすると、単純に考えて、5%だと100万円の消費税を支払わないといけない。でも、4%なら、80万円です。さっきの4人家族の場合だと、これだけで給付金の3倍以上の減税効果が得られるわけです。あるいは、150万円の車を買ったら、1万5000円の減税効果があるわけで、1人分の給付額を超える。要するに、消費税率を下げるってことは、でかい買い物をしたときほど減税効果を得られる、ってことです。
ま、素人考えなので、経済に詳しい人から見れば、おかしいところもあるかもしれませんけど、どうでしょうね。政府はこんなこと絶対やらないでしょうけどね。