読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリとキリギリス

日記 他の人の日記

最近、更新が早い。すんません、暇なんです。
イソップ寓話に、『アリとキリギリス』って話があるじゃないですか。
夏の間、せっせと働いて食糧を蓄えてたアリに対して、キリギリスは歌を歌ったりして遊んでた。それで、冬になったら、アリはちゃんと蓄えがあるから食べるものに困らない、キリギリスは困る、って話。
俺は、「この話の結末は2種類ある」という記憶があって、それは「アリがキリギリスに食べ物を恵んであげる(一応、説教付き)」という結末と、「アリがキリギリスの『食べ物を分けてくれ』という頼みを断って、キリギリスが死んじゃう」という結末。なんでだろう、どっちが正しい(原典に忠実な)話なんだろう、と思って、さっきWikipediaで調べてみたんですよ。そしたら、こう書いてある。

夏の間、アリたちは冬の間の食料をためるために働き続け、キリギリスは歌を歌って遊び、働かない。やがて冬が来て、キリギリスは食べ物を探すが見つからず、アリたちに頼んで、食べ物を分けてもらおうとするが、「夏には歌ってたんだから、冬には踊ったらどうだ?」と断られる。

なお、日本においては、それでは残酷だというので、アリが食べ物を恵み「私は、夏にせっせと働いていた時、あなたに笑われたアリですよ。あなたは遊び呆けて何のそなえもしなかったから、こうなったのです」とキリギリスに告げる話に改変される場合もある。これは儒教儒学)的思想、仏教的思想からきたものである。

アリとキリギリス - Wikipedia

へぇ。
食べ物を恵んであげるバージョンは、日本で改変された話だったのか。やっぱり、日本人の心性って、優しいんじゃないか、飢えている人にはとりあえず手を差し伸べましょうよ、と。もちろん、後に教訓として欲しいから、「説教」っぽいことも言うけれど。と言うようなことを思いますよね。
だから、

そんなことはどうでもいいのだが、山岸教授によれば日本人が他者を信頼する傾向は調査した国の中でもっとも低い部類に入るそうである。端的に言えば日本人は人を見たら泥棒と思い、世間の人たちの大部分は身勝手だと信じている。信頼よりも疑い、優しさよりも警戒感、希望よりも絶望が勝っている
私とて日本が好きな日本人なので、こんな調査結果は信じたくない。「心優しい日本人」像にしがみつきたい。たぶん調査に答えた人たちは「なんだか難しくて厳しい調査だな」と心を閉ざし、「お人よしと見くびられたくない」と突っ張ったのだろう。だからこんなに不信感と利己主義が強く表れたのだ。不信感が強く出たのは本来の優しさの反動だ、きっとそうに違いない。
…と信じたいのだが、諸外国の中で日本だけそのような影響が強く現れたという根拠は何もない。

「派遣村」叩きに日本の国民性を思う - 玄倉川の岸辺

…なんて文章を読むと、やっぱり悲しくなっちゃいますね。
で、最初は「関心がない」って言ってた「派遣村」の話ですけど、これでもう3日連続で言及してるわけです。いや、それはどうでもいい。
なんというか『アリとキリギリス』の話って、「自己責任論」の最も素朴なイメージだと思うんですよね。それこそ、古代ギリシアの時代から語り継がれてるくらいの。でも、日本人はこれを改変しちゃった。ちょっと、これ、残酷なんじゃないの、って。まー、本音と建前を使い分けるのが日本人だ、って話もあるくらいだから、こどもにも教えやすいように表面を取り繕っただけかもしれませんが。
だけどねー、あえて情緒的に言いますけど、派遣村に集まった「キリギリス」に見える人たちを、自称「アリ」たちがweb上で叩いてる、ってのが現状だとすると、せめて、ちゃんと食うもの食わしてから説教しろよ、とか思っちゃったりするんですよね。
プロ市民が、とか、活動家が、とかってのは、俺にとってはどうでもいいことなんですが、どうでもよくない人にしても、現に困ってる人をなんとかしないとまずいとは思わないのかな、とかね。
大体、あそこに居る人たちって「キリギリス」なんでしょうかね。俺には「運の悪いアリ」に見えるんですけど。それを、「運のいいアリ」が叩いてる、みたいな感じ。中には「キリギリス」がたくさん居るかもしれないけれど、たとえそうだとしても、キリギリスに食べ物を分け与えてから説教かますくらいの「日本のアリの度量」みたいなものがあってもいいんじゃないかな。その方が、かっこよくない?
もうちょっとだけ言うと、たとえ「真面目なアリ」でも、その日その日の食糧を見つけるのにやっとの状況だったら、冬になったら死んじゃうんですよ、やっぱり。そういうこと。



追記(2009/1/9)
みなさん、ブクマだけじゃなくてスターもください。じゃなかった、ブクマレス。

b:id:navecin 寓話のオチが時代と共に丸くなっていくのは日本限定の現象じゃない件。国民性とは無関係ではないかな。/参照:「本当は怖いグリム童話」「ディズニーの人魚姫」 2009/01/09

はてなブックマーク - アリとキリギリス - 23mmの銃口から飛び出す弾丸は

あー、そうですね。たしかに。
というわけで、上記の文章については「国民性云々」とか「日本人とは云々」というように読めるところは、脳内デリートしてください。それでも、俺が言いたいことはそんなに変わらないと思います。俺が言いたいことは、大体終わりの3段落*1くらいです

*1:プロ市民が、…」以降ね。