読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のひとりごと

日記

恋愛の難しさは、結局のところ、その個別性にあるんだと思う。ケースバイケースなことが多すぎて、要するに、他人の意見があんまり参考にならない領域というか。
世間には、恋愛論とか恋愛指南書のようなものがたくさんあるけれど、そのほとんどは、勝者(という言い方は好きではないが)の自慢話でしかないので、これから恋愛しようとしている人が読んで参考になることはない。絶対、とはなかなか言い切れないけれど、絶対と言い切りたくなるほど役に立たないことが多い。もし、参考になったとしたら、それは偶然だから勘違いしないでね、とも言いたいかな。
僕にも、恋愛の経験値の少なさゆえに失敗した、と思える経験があるけれど、経験値が少なくたって成功するときは成功するものなので、これも結果論でしかない。駆け引きがどうのとか、いや駆け引きなんかせずに突っ走るんだとか、そういうのがうまくいくかどうかは、結局やってみないと分からない。何が相手のツボか、その相手に直接ぶつからなければ確かめようがないし。平均的な何かはあるかもしれないが、別に平均を相手に恋愛するわけじゃないから、気にしてもしょうがないんじゃないか。成功率を上げる方法もあるかもしれないが、そもそも打率を10割に近づける必要があるのか。たとえ1割でも、1分でも、1厘でも、1毛でも、それ以下でも、たった1人に対してのみ成功すればいいんだよね。
あと、ふられた時のショック状態は、もうどうしようもない。これをコントロールする方法はたぶんない。恋愛の経験値を上げることに意味があるとすれば、このショック状態からなるべく早く脱出する術を身に付けることだけなんじゃないだろうか。それにしたって、現実にはそう簡単にはいかない。冷静に考えれば、ふった方だってそう心中穏やかなはずはないんだが、冷静でいられないからショック状態なわけで。このショック状態にある人に、第三者的立場から何か正論だとか理屈だとかを言っても、まず無意味だ。慰めの言葉も、場合によっては、逆効果の時もある。
だから、ブクマのコメントで何かいろいろ言っても、当事者にはきちんと伝わらないから無意味だと思う。もちろんコメントする自由はあるけれど、そんなことを問題にしているんじゃないってことは分かってほしい。
恋愛の場において、どっちが正しいとか間違ってるとか言えないとは思うけれど、そう言い争うことも、たぶん本人たちにはコントロール不能であることもあるので、他人が立ち入れる領域ではないとも思う。
だから、いろいろ思うことはあったとしても、どうすることもできない。無駄を承知でアドバイスするなら、しばらくネットから離れたら、と言いたい気もするけれど、これは大きなお世話だろう。
…というこの文章自体がおまえの「恋愛論」だろ、と言われると困ってしまうのだけれど、これはそういうものじゃないです。分かる人には分かると思うんだけど。それも独りよがりかもなぁ。難しい。