読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さっき書いたとおり、2007年の私的ベストムービーは、

『レミーのおいしいレストラン』でした。

レミーのおいしいレストラン [DVD]

レミーのおいしいレストラン [DVD]

と言っても映画館では観れなくて、DVDが出てから見ました。正直、そんなに期待していなかったのですが、見てみると、かなり良かったですね。ピクサーの作品ですから、他のサイトでも情報が豊富だと思うので、例によってあらすじなどは端折ります。一応公式サイトのリンクはこちら→http://www.disney.co.jp/movies/remy/
月並みな言葉で言えば、「誰にでも夢がある。しかし、誰もが夢を叶えられるわけではない。けれど、行動すれば、叶えられるかもしれない。少なくとも、その夢に近づくことはできる」といった感じでしょうか。いやー、感動的でした。感動しました。
何と言っても、よくぞネズミに料理をさせようと思いついたな、と。しかも、その料理がことごとく美味そうに見えるところがまた。知らぬ間に、3Dアニメの世界はこんなことになってたのか、と今更ながら驚かされました。というか、ピクサーの作品をちゃんと見たのはこの作品が実は初めてで、「なんだ、すげー面白いじゃん。食わず嫌いはいかんなぁ」と認識を新たにしました。
うちの娘もかなりのお気に入りで、DVDのヘビーローテーション入りを見事に果たしました。(その後、『Mr.インクレディブル』と『モンスターズ・インク』も購入して、特に『レミー』と同じ監督の前者はかなり好きだったのですが、娘は「こわい」と言ってあまり見ようとしません。)
あと、些細なことですが、ネズミが人間を操って料理を作らせる場面で、僕は「マジンガーZ」をちょっと思い出しました。(分かる人だけ分かってくれればいいのですが、「バイオレンスジャック」の中の兜甲士とマジンガのエピソードの方が、より近いかもしれません。)

あと、『トランスフォーマー』も印象に残りました。

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

アルマゲドン』も『パール・ハーバー』もあんまりいい印象はないのですが、これは面白かった!
なんというか、『レミー』もこれも中心人物は同じタイプなんですよね。オタクっぽいというか、いじめられっ子っぽいというか、挙動不審というか。
そこに、『レミー』の場合は天才料理ネズミが現れ、こっちでは宇宙から来たロボット生命体が現れる、と。んで、こっちの場合ではこののび太くん(言っちゃった!)に地球の運命が託されてしまうという、ま、ありがちな展開ではありますが(笑)。
感心したのはアクションシーン。ロボットものというより、戦争アクションものとして描写されていて、かなり興奮させられました。ある意味で、『クローズZERO』とかの暴力描写にも(そこはかとなく)通じる「痛さ」の伝わる描写というか。
全体としては、しっかり特撮を見せてくれて、楽しめました。ただ、のび太くんも活躍しますが、ヒロインの活躍の方が印象に残りましたね。いやー、かっこいいね、彼女。
ぜひ、続編は無理やり三部作とかにしないでいいから、ゆるーく長く作ってほしいです。昔の映画みたいに。そして、段々つまらなくなっていく、というのを期待してます。いや、ほんとに。*1

*1:余談ですが、本当は『パイレーツ・オブ・カリビアン』もそんな感じで続けてほしかったんですよね。1作目は最高のバカ映画だったのに、2・3作目はまるで『マトリックス』の悪夢の再現を見てるようでした。