読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

大好きな相手だからと言って、その人のやることなすこと全てを肯定しなきゃいけないことはない。
その人を手厳しく批判するのは、その人が嫌いだからとは限らない。
大好きな人を批判するのは気が重い。でも、してしまうことはあり得る。しなきゃいけないと思うこともある。
大好きだからこそ批判しなくちゃいけない、と思い込むのは、でも、押しつけかもしれない。


逆に、大嫌いな人だからと言って、その人を全否定するのは考えものだ。
大嫌いな人であっても、評価するべき点があればきちんとするべきで、そういう大人になりたい。
「あなたは嫌いだけど、この点は評価する」とわざわざ口にしたり、書いたりするのは、でも、押しつけがましい、というか、恩着せがましい。


幸せはその渦中にいると気付かなくて、それを失ってから初めて「あれが(あのときが)幸せだったんだ」と気付くもの、と昔、誰かが言っていた。当たってるような気もする。
でも、「今、幸せなんだ」と言っている人に向かって、こんなことを言うのは、大きなお世話だ。