読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でも、どうして感動してしまうのかよく分からないのだけれど。

ちょっと前に、山下和美の『不思議な少年』の現在刊行されてる分(1〜5巻)を、まとめて買ったんですよ。*1
週刊モーニングに最近掲載されたときに(特に最近の分は)、かなり読んでいるのですが、あらためて読むと面白いなぁ、と再確認できます。
基本的には連作短編集といった体裁なので、あらすじとかを説明するのは野暮かな、という気がします。
設定としては、タイトルどおりの不思議な能力を持った正体不明の「少年」が、人間(たち)を観察している(時には積極的に関わる)、という話だよ、とまとめてしまってもいいのかな。
この作品の魅力は、人間の良い部分も悪い部分も、美しい部分も醜い部分も、全てを描こうとしているところ、と僕は思います。さらに言うと、「良い部分」「悪い部分」なんて、きれいに切り分けられるもんじゃないよ、というところまできちんと描いているところ。
僕が特に好きなのは、5巻に収められた『ルキ・イスカリオテ』という話。モーニング掲載時に、電車の中で泣きそうになったやつです。あらすじはやっぱり書かないけど、「諦めない」ということがポイントになってるのかな。2度目に読んでも泣きそうでした。

不思議な少年(5) (モーニング KC)

不思議な少年(5) (モーニング KC)

*1:大人買い(笑)。