読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回答と解説

なぞなぞ

9月13日の日記で出題した「なぞなぞ」(ちなみに、問題は手が4本、足が4本、目が4つ、耳が4つ、鼻が2つ、口が2つある人間。これは何?でした)の答え。
「妊婦」です。


ま、そんな大した問題でもないし、ほとんどの人は分かったと思います。
それで、何でこんなことをしようと思ったのかなんですが、別に「なぞなぞ」なんて形じゃなくても良かったんですね。
これは、うちの奥さんとの会話の中で、「某テレビのトーク番組で、ある女性タレントが、妊娠中に友達から(男の子を妊娠していることが分かっていたので)『あなたの体の中には期間限定でおちんちんがあるのよ』とかなんとか言っていた」ということが話題になったことがきっかけです。これはこれでなかなかインパクトのある表現だな、と思ったんですが、その後、奥さんが「私は、知り合いの人から『今、心臓が二つあるのよ』って言われた」と言うのを聞いて、なんとなく衝撃を受けてしまって。
いや、考えてみれば当たり前の話なんだけれど、「はー、心臓が二つか。ってことは双子なら三つか。三つ子なら四つ。すげーな」と思ってしまった。「お母さん」てすごいんだな、と。なんつーか、生物としてすごい。タレントさんの話に当てはめると、男3人の三つ子のお母さんは「期間限定で3つのおちんちんを持っている」ことになるわけです。いや、全然不思議なことでもなんでもないし、当たり前のことなんだろうけど、すごいものはすごい、というか。父親は、そういう意味では、生物として全然すごくない。
子どもを産んだ方がいいとか悪いとか、ジェンダーがどうのとか、フェミニズムがどうとか、そういうこととは何の関係も無く、母は偉大なんだなぁ、生物として。
ま、そんなことを思って、この「なぞなぞ」を考えました。