この日記について

一応、ライブドアの方はそれなりにまとまった内容のものを書くことにして、こちらはメモ的なものを中心にするつもり。でも、実際のところ、どうなるか分からない。